機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触−運輸安全委(時事通信)

 群馬県みなかみ町で昨年2月、東京電力の送電施設を巡視中のヘリコプターが送電線に接触、不時着し、一時最大約1万1700世帯が停電した事故で、運輸安全委員会は29日、機長が正確な現在地を把握できない状態になったのに前進を続け、送電線の発見が遅れたことなどが原因とする調査報告書を公表した。
 安全委は、巡視員がメモを取るなどの作業に夢中で、機長とのコミュニケーションが十分取れていなかった点も指摘。通常の飛行と比べ難易度が高い送電線の巡視では、安全な飛行ができるよう協力し合う必要があったと指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕米旅客機不時着事故
東電、ベトナムの電力開発計画に協力

関学大入試で出題ミス、全員を正解へ(産経新聞)
NHKの福地会長、経営委員らに辞意表明(産経新聞)
研究費を業者にプールか=教授ら総額1億円、国税局指摘−山口大(時事通信)
ウィルコム、更生法活用を検討=「事前調整型」で再建(時事通信)
香港のスキー客、北海道で不明(産経新聞)
[PR]
by vmrdbh0li5 | 2010-02-04 07:14
←menuへ