補足給付に福祉財源の投入を−全老健が要望書(医療介護CBニュース)

 全国老人保健施設協会は3月10日、低所得の施設入所者の居住費や食費負担を軽減する「補足給付(特定入所者介護サービス費)」制度の見直しや老健の医療機能の評価を求める要望書を、小沢一郎民主党幹事長にあてて提出した。

 全老健が提出した「介護保険財源確保のための要望書」では、2005年10月から自己負担となった施設での居住費と食費について、低所得者には介護保険から一定額を給付する「補足給付」は、本来は福祉施策として実施されるべきものと指摘。
 また、08年度の補足給付額は約2414億円で、介護(予防)費用額の3.58%と増加傾向にあるほか、補足給付を受けるために「世帯分離」を行っているケースもあるとしている。
 さらに、標準的な食費や居住費として国が示している「基準費用額」についても、食費の上限設定や食の貧困化につながっているとした。
 全老健では補足給付について、介護保険を財源とする現制度を見直し、福祉財源を投入することを求めている。

 このほか、老健施設での医療の評価について、医師や看護師、リハビリ職など医療職の配置を加算ではなく、基本サービス費で評価するよう求めているほか、提供する医療行為についても、介護保険ではなく医療保険で評価することを要望している。


【関連記事】
病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望
基本部分引き上げで、キャリアに応じた賃金体系を―09年回顧と10年の展望 全国老人保健施設協会・川合秀治会長
創立20周年記念式典を開催−全老健
介護職員以外も交付金の対象に―全老健が要望へ
老健での医療、診療報酬から給付を提言−全老健

ETC車種登録偽りバス運行=通行料詐欺で社長ら逮捕−千葉県警(時事通信)
「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕(産経新聞)
「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)
地域主権2法案を閣議決定(時事通信)
保護責任者遺棄で両親逮捕=4歳男児に食事与えず−埼玉県警(時事通信)
[PR]
by vmrdbh0li5 | 2010-03-10 22:37
←menuへ