イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)

 大阪湾や播磨灘に春の訪れを告げるイカナゴ漁が27日、解禁された。明け方から漁師たちが一斉に船を出し、イカナゴの稚魚「新子(しんこ)」をとり、水揚げした。新子は「くぎ煮」や「釜揚げ」として食卓に並ぶ。

  [フォト]イカナゴ漁始まる 播磨灘に春の訪れ

 兵庫県明石市の林崎漁港からも15隻の漁船が出て、3〜5センチの新子がぎっしり詰まったかごを次々と水揚げ。せりでは、1かご(25キロ)あたり2万円前後と、不漁だった昨年より安値がついた。

 漁業関係者は「やや小さめだが、質のいい新子が揚がった」と話していた。

【関連記事】
新宿西口でエールを贈る「謎のチアガール」とは
五輪効果! スケート場は大にぎわい
転勤族向きソファって? 数学的に考えると…
子ザルに個体識別チップ 鳥取・米子
市民と専門学校生が「町の魅力紹介マップ」作成

キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
<大津波・津波警報>北海道・根室市で30センチを観測(毎日新聞)
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減−感染研(時事通信)
<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
<大津波・津波警報>官房長官「沿岸に近づかないように」(毎日新聞)
[PR]
by vmrdbh0li5 | 2010-03-06 06:15
←menuへ